Appendix

広告

Entries

プラグインの更新

下記のプラグインを更新しました。

アクティブタイムバトル
戦闘ステータスアニメーション表示


●アクティブタイムバトル
・ボタンでコマンド入力を行うアクターを切り替えた際に、カーソルSEがなる不具合を修正しました。
・ATゲージがたまった時のSEを変更できる機能を追加しました。

報告と要望があり修正・追加を行いました。


・スキルウィンドウを開いた際、HP表示を追加できる機能の追加しました。

私のサイトにはありませんが、どなたかのプラグインでHPを消費するスキルを作った場合に
必要かなと思いつけました。


・スクリプトの最適化

実はこれがメインだったりします。
とはいっても、アクティブタイムバトルは何も変わってません。
ステータスウィンドウの描写方法が変わりました。

ATゲージのように毎フレーム描写するものって、refreshが呼ばれた時に一度描写し、
その後updateで再描写を行う必要があります。

2つのメソッドで同じ座標を更新する上に、update側は一度消したうえで再描写を行うため、
非常にややこしい処理してます。

特に描写する座標を変えるためには2か所変更しないといけないというのは、地味に厄介です。
(こういうプラグイン作ったことある人にはわかるはず!)

ですが今回、自動で再描写を行う機能を付けたおかげで、update側が必要なくなりました。
これもキャラクターメイクでいろんなことに挑戦した副産物です。

軽量化にはなってませんが、コードがすっきりしてます。

私のプラグインではこの機能が標準装備になりそうなくらい、いいもの作った感いっぱいです。


●戦闘ステータスアニメーション表示
・アクティブタイムバトル var.1.7 に対応

上記の最適化に対応。


・ATゲージの幅と高さを設定するプラグインパラメータを削除

アクティブタイムバトル側にも同じ設定があるので、そちらを参照するようにしました。
併用している場合、更新したらATゲージの大きさが変わるかもしれないので、
アクティブタイムバトル側の数値を変更してください。


・スクリプトの最適化

アクティブタイムバトルと同じ機能を装備させました。
自動更新のおかげで、こちらの方が特にコードがすっきりです。

それとゲージの描写方法を変更しました。

今まではBitmapの機能を使って斜めにそれっぽく描写してましたが、
Canvasをいろいろと勉強して、今回からはそちらの機能で描写してます。

軽量化にはなってませんが、回りくどい処理が減って見やすくなってます。

あとついでにゲージの見た目もちょっと変わってます。
170712b.png
上が以前のもの、下が今回のもの。

ゲージの斜め部分のジャギがなくなってます。
直接Canvasで描くと勝手にやってくれるみたいです。
これは便利!


あと他にもやりたいことあったんですけど、その前にやるべきことがいろいろあるので
今回はこれくらいで切り上げ。

サンプルゲームの作らないといけないし、キャラクターメイクはいつになったら上げられるのやら・・・
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://woodpenguin.blog.fc2.com/tb.php/271-839dec7f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

木星ペンギン

Author:木星ペンギン
ほぼツクールのことばかり書いてます。
名前は↑から取りました。
木製ですが木星です。
トカゲは関係ありません。

ゲーム

  • 箱庭の勇者たち(体験版)
  • アクイ ト アイ
  • ぼくらの大革命!
  • 勇者がやらねば俺がやる!
  • 3Turn Battle!
  • 3TurnBattle!2nd 体験版

メールフォーム

wood_penguin@yahoo.co.jp

名前:
メール:
件名:
本文: